オレンジが非常に美味しかったこと

私は温州みかんなどが非常に好きなので、基本的にみかん類は何でも買っているのです。国産のみかんでポンカンのような大きなみかんも食べていますが、やはり価格や甘さなどのバランスが良いのは外国産のオレンジだと思います。

主にアメリカ産だと思うのですが、オレンジが旬の時期には結構安くなるので、大きめのオレンジがいくつか入ってる袋をいつも買うのです。そのオレンジを傷まないうちに早めに食べます。

オレンジは、1週間程度でもおいておくと少しふやけるような感じがするのです。少しずつ劣化しているので、みずみずしい生き生きした状態でオレンジを食べた方がよいと思うのです。

なので、ナイフで半分にカットしてからスプーンで食べることもあります。グレープフルーツはこのように食べますが、手が汚れにくい食べ方ではあると思います。

ただ、テレビを見たりしてオレンジを食べていると、ナイフでカットした状態でオレンジを食べるときには何度も、スプーンの位置をチェックする事になるのでテレビに集中できない状態になります。

なので、手が汚れても良いので普通のみかんを食べるような感じで皮を剥いて食べることになります。そのあたりの手間がマイナスだと思うのですが、やはりスナック菓子などを食べるよりはフルーツ類を食べた方が味も良いし、生ものを食べている実感があります。

それに、果汁にはビタミン類も豊富に含まれているので、健康にも良いことだと思うのです。ただオレンジを沢山食べることによって果糖を摂取する頻度が高まるので、そのあたりは中性脂肪に関してはマイナスになるのではないかと思っています。

コメントは受け付けていません。