ブロッコリーの健康効果を考える

私は中性脂肪のことをきにするようになり、食事の食材をよく考えるようになりました。より食物繊維が多く含まれていて低カロリーな食材を主に使うようになったのです。

やはり野菜類を使う頻度が多くなり、全体的なバランスとして炭水化物の摂取量は少なめにするように心がけています。その中でも、中性脂肪に最も影響を与える脂質の摂取量は、以前よりも半分程度まで抑えるようにしています。

その方法としては、肉類の摂取量を少なめにするのです。その分だけ野菜を多めにするのですが、食べ応えのある野菜というのがどれなのかが気になるところです。

良さそうな野菜がブロッコリーなのです。ブロッコリーは特に目立つ野菜でもなく、美味しいと感じる野菜でもなかったのですが、ビタミンCが豊富に含まれていたり、それ以外のビタミンAやミネラル成分もたっぷりなので、栄養を補給するという観点からは最高の野菜であるといえます。

なので、ブロッコリーを食事に取り込むようになったのですが、使う頻度がそれほど高まらないことが気になっています。ブロッコリーと言えばシチューに使われています。クリームシチューと、デミグラスソースで作った濃厚なビーフシチューにブロッコリーをたっぷり入れれば低カロリーになるのです。

そんな感じで使いどころを探しているのですが、基本的な温野菜で食べる方法と、後はコーンスープに入れたりしています。最近はおでんなどにもブロッコリーを入れてみたりと、ちょっと変わった感じの料理を作るようになりました。

とりあえず、キャベツや人参と同じように炒め物をするときには定番の野菜となってきたので、私の健康効果もかなり高まってきたのではないかと考えています。

コメントは受け付けていません。