味噌汁を作って健康になること

最近は健康的な食品を摂取する為に、味噌汁を作ることが多くなりました。味噌汁は豆腐や大根、ワカメや昆布など和食の基本的な食材を多く使うことができる便利なメニューだと思います。

牡蠣やハマグリ、シャケや鱈の切り身などをトッピングして、風味豊かな味噌汁を作ることも可能だし、豚肉の切り身をトッピングしたり、ベーコンを入れたりしても濃厚な味噌汁を作ることが可能です。

私はお決まりの、お麩やワカメなどを入れるパターンよりも、玉ねぎを入れたり、キャベツやほうれん草などを入れたりする味噌汁の方が好きなのです。味噌だけでもかなりの味わいなのに、その中に歯ごたえが十分にあって食感を楽しめる野菜が入っていればとても良いバランスだと思うのです。

野菜に関してはそれほど好き嫌いはなくなってきたので、味噌汁などの美味しいメニューの中にトッピングする事ができれば、毎日でも食べていくことが出来ます。なので、サラダや炒め物などでは食べにくいような食材を、味噌汁の中に入れて他の食材の味と混ぜながら食べる事が有効だと思います。

味噌汁に関しては日本人であれば誰でも作る事ができるお決まりメニューなので、ネットでレシピを調べてもそれほど見つかる事が無いのです。お決まりの豆腐やお麩、カイワレ大根などを入れた質素なお味噌汁のレシピを見つけたり出来たのですが、やはりインパクトに欠けるというか、味噌汁はどのような具材でもうまく味がまとまるので、特別なレシピは存在しないのではないかと思います。

最近は日本各地の有名なお味噌を注文するようになりました。スーパーで見かける出汁入り味噌と比べても、独特の風味や味わいがあるので美味しい味噌汁を作る事ができるのです。

コメントは受け付けていません。