コレステロールの数値が高いときには

私の友人がコレステロールの数値が高くなってしまったと言っていました。私と同級生の友人なので、こんなに早くも生活習慣病の影響があったのかと驚いています。コレステロールの数値が高いと言うことは、結果の中に脂質の量が増えているということです。

この状態は、血管の中が固くなった状態を意味しており動脈硬化と言われる症状です。柔軟性があった血管が硬くなってしまうと、血流の流れが滞ってしまう部分が出てきます。その部分で血管が切れて出血してしまう可能性があるのです。

出血しても私達の体は、自動的に血小板が集まって血栓になって、血流の流れを止める働きがあります。これで危険な状態を回避できるはずですが、この血栓ができたことにより、血管の流れをせき止めてしまう可能性があるのです。

重要な血管が血栓で止められてしまった場合は、その先にある臓器が死亡してしまう可能性があるのです。なのでコレステロールの数値が高いと言うことは、命に関わる危険な疾患の可能性が高まっているということです。

どのような疾患になってしまうかは、長い目で見ないと分からないのですが、脳卒中などの場合は、症状が発覚する寸前までは健康な状態で生活している可能性があり、事前に問題が起きそうなカ所を自分で感じる事は美しいのです。

なので、コレステロールの数値が高い事が分かったら、早めに数値を下げるための食事習慣や運動習慣などに取り組む必要があります。最近はコレステロールの数値を避けるための健康食品などもいくつも見つかるので、自分で計画的に食習慣を改善出来ないと思ったら、健康食品に頼るというのも良い手だと考えます。

コメントは受け付けていません。