沢庵を毎日の食事に加える事

数年前から沢庵を食べることが好きになってきました。地元の美味しい沢庵を食べていると、その他の地域の沢庵とどのように違うのか気になるようになってきたのです。そして、ネットで各地域の沢庵を注文する事ができる事が分かって、美味しそうなものをいくつも注文しました。

そして、各地域によって沢庵をつけている味付けが変わってることが分かってきたのです。沢庵は、甘み成分だけでは美味しくないので辛さをうまく調節して加えて行くところがポイントだと思います。このバランスが絶妙だとかなり美味しい沢庵になります。

ご飯と一緒に食べるのが沢庵ですが、私の場合はお酒のつまみのようにちょっとずつ味をしながらお酒を飲むのが好きなのです。このように、沢庵を食べる習慣になる前は、大根の塩漬けを食べることが多かったのです。

大根は塩とまぶして暫く置いておけば水分が抜けてきます。この状態でも塩味の漬け物のように食べる事ができるのです。もう一つ機転を利かせれば、キムチの素をつけて簡易キムチにする事もできるし、浅漬けの素につけて、浅漬けにしてしまうことも可能なのです。

しかし、日本各地の沢庵を食べてみると、それらと同じように美味しく味付けをするのは結構難しい事が分かってきます。何らかの野菜類と一緒につけてその風味を沢庵の中に閉じ込める方法があるので、そのあたりはその地元でしか作る事ができない味のように思います。

当分は美味しい沢庵を通販で注文して食べるようにして、ベストな沢庵が分かってきたら、自分でも作ってみようかと思うようになりました。やはり、甘さや辛さのバランスを自分で調節することが出来ればベストな沢庵ができるのではないかと思うのです。

コメントは受け付けていません。